ブラック企業労働者を転職広告が追いかけ回す時代くるかも?/感情分析AI広告を開発・博報堂&マイクロソフト

ai%e5%ba%83%e5%91%8a

広告会社大手の博報堂、子会社のデジタルクリエイティブ制作会社の博報堂アイ・スタジオ、クラウドとデバイス提供の日本マイクロソフトは共同で、AIで人の属性や感情を元に広告表示する広告配信システムのプロトタイプFace Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)の開発をおこなったことを公表しました。リリースでは、疲れた顔をしていると、栄養ドリンクの広告を表示したり、悲しそうなかおの人に感動的な映画の動画広告を流すことを提案したものとなっています。

「Face Targeting AD」は、駅や街中に設置された鏡型のアウトドアメディア(デジタルサイネージ)が、鏡の前に立った人の年齢や性別はもとより、顔の特徴(メガネをかけているかどうか、ヒゲがあるかどうかなど)や表情を読み取り、クラウド上のマイクロソフトのAIがその人のその時の気分や健康状態を分析、その状態に最適な商品やサービスの広告を提示します。例えば、疲れているときに栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうにしている表情ならば思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示したり、その人にぴったりの商品やサービスの広告を「2WAY=インタラクティブ」に出しわけます。
また、動画/静止画広告の表示のみならず、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかけたり、泣き出したり、シワがふえたりするような、鏡の特性を活かした演出が可能です。

出典:プレスリリース
スポンサーリンク

プレスリリースからAIを活用したadtechの未来を想像します。

ここからは、わかっている事実を元にプレスプラチナ独自でどのような使われ方が考えられるかを想像していきます。今回利用が公表されているのは、マイクロソフトクラウドサービスである顔検出システムFaceAPIと感情検出システムemotionAPIの利用です。そのAPIを使って生まれるかもしれない未来を考えました。

そして最もニーズが生まれそうなのが、「ブラック企業労働者への転職広告表示」です。
詳しく解説していきます。

マイクロソフトAzureのFaceAPIができること

FaceAPIでは、年齢や性別を特定できるほか、二つの顔が同じ顔かどうかも検出できるため、同じ場所で複数回検出した人はロイヤルカスタマーであると特定することも可能だと考えられます。ゆえに、同じ場所に何度も訪れるほどに割引率を上昇させたり、最近特定の店に訪問していない人が競合店に入る前に広告表示を行って誘導する未来も可能になるのではないでしょうか。また、フェイスブックAPIと連携することで、所属する企業を検出したり、よく出没する時間や場所から、自宅の推定や通勤経路、退勤時間なども検知していく未来も可能性がありえるとおもいます。

マイクロソフトAzureのEmotionAPIができること

emotionAPIでは、怒り、軽蔑、嫌気、恐怖、幸福、中立、悲しみ、驚きという感情をリアルタイムで検出することができます。これは動画でも可能になっているため、広告の目の前にいる人が怒っていたり嫌気が出ていれば、それを解消するような遊園地の広告を流して、ストレス解消を促すということも可能になるでしょう。また、FaceAPI連携とFacebookAPIにより、株式会社○○の社員は最近よく恐怖と悲しみにおびえていると判れば、転職活動の広告を流すことも可能になるかもしれません。

このプロトタイプを作ったスダラボとは?

スダラボは次世代型クリエイティブを開発する社内横断プロジェクトとして発足した、博報堂の須田和博さん率いるクリエイティブ組織です。過去のインタビューによると、須田和博さんは、多摩美術大学GD科卒業後、アートディレクター、CMプランナー、インタラクティブ領域へと歩まれてきた方だそうです。

2014年3月7日に発足したスダラボの実績としては…

田んぼアートを画像認識するとお米をダイレクトに購入可能なアプリ「NATURE BARCODE (RICE CODE) ネイチャーバーコード(ライスコード)」を開発したり…

ricecode

雪かきの運動量を可視化したIoTデバイスで雪かきをエンターテイメント化した「DIG-LOG ディグログ」など、斬新なアイデアを形にしてきました。

diglog

次なるアイデアは世界最薄の自販機?

これからも、トイレットペーパーによるショッピングのアイデアや、世界最薄自販機などの開発を検討していくとのことです。
project%ef%bd%9c%e3%82%b9%e3%83%80%e3%83%a9%e3%83%9c

出典:公式サイト

ちなみに、世界最薄の自販機というアイデアは2013年にコカ・コーラがyoutube動画にアップしています。この時は、ダイエットコカコーラのプロモーションだったようですが、なかなか土地が少ない都心においては、このような最薄自販機というニーズは実際にあるかもしれないですね。
これを超えようとすると、例えば、タッチパネルだけが街中に置いてあって、買うと、1時間後に配達してくれるとかのオフラインでオンラインショッピングをするみたいな話になるのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員になっていただくと、プレスリリースニュースを新規公開した場合にご連絡させていただきます。ぜひご登録をお願いします。
【無料】メルマガ会員登録フォーム

スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする