動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発 – 日立製作所

%e6%97%a5%e7%ab%8b%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

株式会社日立製作所は、動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発した。レンズの代わりに同心円パターンを印刷したフィルムを用いることで、レンズが不要となる。この技術によりカメラの薄型軽量化を実現し、モバイル機器やロボットなどのデザインを損ねることなく、より自由な位置にカメラを設置することが可能となる。作業支援、自動運転や人の行動分析など、幅広い用途への活用が期待できる。

これまで、ライトフィールドカメラという光線の位置と方向を同時に記録して撮影後のピント調整を可能としたカメラは存在していたが、特殊なレンズによる厚みが課題だった。

また、これまでもレンズレスカメラは開発されていたが、性能に課題があった。

今回開発したレンズレスカメラはモアレ縞(別名:干渉縞。規則正しい繰り返し模様を複数重ね合わせたときに生じる縞模様)を利用し、フーリエ変換を行うことで、画像処理の計算量を300分の1に減らした。また、入射する光線がフィルムを通じて画像センサー上に作る影に重ねる同心円パターンの倍率を変えるとピント位置を移動させることができる技術を確立したことにより、撮影後のピント調整機能を実現した。

出典:プレスリリース

これまで、撮影した動画を家で見るとピントがずれてしまっており、どうにもならないという経験をした人はいるのではないだろうか。今回の開発では、撮影後のピント合わせが可能になるため、そのような失敗が無用になる。また、例えば防犯カメラで導入されれば撮影後にピントを合わせることで容疑者が鮮明に割り出すことができるようになったり、googlemapで導入されれば、自由自在に世の中の万物を詳細にピント合わせを行い閲覧することが可能になるだろう。きわめて革新的な技術開発が実現したと言える。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?
スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする