IoTで落とし物を発見するMAMORIOが東急線渋谷駅で試験を開始 – MAMORIO株式会社/東京急行電鉄株式会社

mamorio%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

東京急行電鉄株式会社は、お忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的に、2016/11/15から約6カ月間、東急線渋谷駅でMAMORIO株式会社のBluetooth Low Energyを搭載した世界最小の35.5mmの落し物追跡タグ「MAMORIO」を活用したお忘れ物検索・通知サービスを試験導入する。

「MAMORIO」は追跡タグを付けた所持品を紛失した際、MAMORIO社が提供する「クラウドトラッキング機能」によって、紛失物の位置情報を確認することができるが、東急線渋谷駅の渋谷駅ヒカリエ2改札口横のお忘れ物受付所に専用アンテナを設置し、忘れ物情報を受信することで、紛失物の位置情報を通知することができるようになる。

MAMORIOのシステムイメージ

きわめて小さな電力により稼働するが、30mの範囲しか情報を受信できないため、受信アンテナの設置が重要になっている。落とし物の場所を受信すると持ち主に通知される。
%e3%83%9e%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

普段利用する際にも気にならないサイズ感となっている。MAMORIOの販売価格はオープン価格だが、実売3,500円前後となっている。

%e3%83%9e%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%82%aa%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

出典:
プレスリリース
販売サイト

IoTを活用した落とし物を検知・通知する仕組みとして、きわめて小型なタグを使った仕組みのMAMORIOであるが、大手で場所を複数持つ事業者との提携により、利便性が格段に向上する可能性を秘めている。しかし今回は渋谷のみでの導入となっており、効果は限定的だ。今回の試験導入により、落とし物の持ち主がたくさん見つかることで東急全線に導入されふことになれば、一気に浸透するというMAMORIOの分岐点になるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?
スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする