IoTで駐車場の空き情報を事業者を限定せずリアルタイムでわかるアプリ SmartParkリリース – SPOT

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af
株式会社SPOTは2016/10/18、LED光センサー読み取り型「満空検知デバイス」を活用し、LED看板付きのコインパーキングをリアルタイムで認識し、空き状況をドライバーに配信する駐車場検索アプリ「SmartPark」をリリースした。

全国4万8千件の駐車場を探すことができ、首都圏については1000箇所の設置した独自開発センサーによりIoTを活用して空き情報を更新。プッシュ通知を受け取ることが可能だ。
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%af_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8-png

最も安い料金の駐車場を見つけたり、現在地周辺の駐車場を探したりという機能も充実している。

AppStoreにはさっそくレビューがついている

空車の駐車場が一発でわかり超便利!

レビュー : Hiro Hanafusa
普段からよくクルマで移動しているので、いろいろな駐車場検索アプリを使っていたが、完全にこちらのアプリへ乗り換えた。今のところこれが一番便利で使いやすい。満車・空車がわかるのは本当に便利。停める時間によりどこが一番安いかも表示されるところもよい。ごくたまに落ちることがあるので、今後のバージョンアップに期待。

安定性への懸念はあるものの、満足度は高くなっているようだ。

駐車場は行ってみるまで空き状況が分からず、事業者は自社の空き情報しか提供していないことが課題だった。今後、駐車場を探す無駄な時間が無くなるストレスフリーの世の中の一歩が動き出したと言える。

出典:
スマートパーク公式説明サイト
スマートパークAppStore

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?
スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする