おつりで投資するフィンテックアプリが2017春リリース – トラノコ/TORANOTEC投信投資顧問株式会社

toranotec%e6%8a%95%e4%bf%a1%e6%8a%95%e8%b3%87%e9%a1%a7%e5%95%8f%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be-i-%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%ae%e4%ba%ba%e3%82%92%e6%8a%95%e8%b3%87%e5%ae%b6%e3%81%ab
2016年12月20日、ばんせい投信投資顧問株式会社は商号をTORANOTEC投信投資顧問株式会社に変更し、資産運用のアプリ開発・運営を行うフィンテック企業として2017年春に新しい資産形成サービス・アプリ「トラノコ」をリリースすることを公表した。

「トラノコ」は、クレジット・カードやデビット・カード、公共交通機関共通乗車カード等から日々のお買い物の購入額を集積し、おつり相当分を投資に回すアプリとなる予定だ。TORANOTEC投信投資顧問株式会社は、世界水準の運用チームにより、高品質のアクティブ運用をしていく。

TORANOTEC投信投資顧問株式会社はニッセイ・キャピタル株式会社、株式会社セブン銀行、株式会社リアルワールドから出資を受けている。

出典:プレスリリース

同様のおつりから投資を行えるアプリについては、ウェルスナビも2017年春リリースすることを2016/12/14に発表を行っている。ウェルスナビはロボットアドバイザーによる投資サービスとして、すでに三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルなどから約21億円を調達している。

また、2016年8月31日にロンドン発FinTechサービスMoneyboxがお釣りによる投資アプリをローンチ済みとなっている。

2014年10月には同じ思想でアメリカのスタートアップによりAcornsがリリースされ、2015年4月時点で38億ドルの出資を受けたことも明らかになっている。さらには楽天やPayPalから33億ドルの追加出資を受けた話もあり、小口投資アプリが活性化している。

フィンテックにより、小口の投資が広がることにより、日本の現金預金信仰が解かれ、経済活性化への道筋を描くことになるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員になっていただくと、プレスリリースニュースを新規公開した場合にご連絡させていただきます。ぜひご登録をお願いします。
【無料】メルマガ会員登録フォーム

スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする