LTEで都市部を配送するドローンの実証実験に成功 – 楽天/ACSL/ドコモ

%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2%e6%a5%bd%e5%a4%a9acsl

楽天株式会社と、株式会社自律制御システム研究所(ACSL)、株式会社NTTドコモは国家戦略特区である千葉市にて、千葉市内の稲毛海浜公園および周辺海上における、LTEを活用したドローンによる配送システムの実証実験を2016/11/22に成功した。

配送システムにドローンを用い、LTEネットワークで遠隔制御を行った。

ACSLは、完全自律制御による長距離飛行を可能としたプラットフォーム機体「PF1」を開発した。緊急時に落下スピードを急減速させることができるパラシュートを搭載することにより、高い安全性を有しており、海上飛行や第三者上空の飛行に適したドローンになっている。

ドコモは携帯電話(LTE)のネットワークを利用するセルラードローンの開発知見を活かし、楽天は2016年4月に始動したドローン配送サービス「そら楽」の知見を活かして開発を進めていた。

都市部におけるドローン配送システムの開発を進めるという。
出典:
プレスリリース
プレスリリース資料
※写真は以前のプレスリリース資料より引用したため、本プレスリリースのものではありません。

今まで楽天はゴルフ場内でのドローン配送を実現していたが、今回は市内の配送実験を成功した。安全性を高め、急落下しない仕組みになったことで、ドローン配送がより現実味を帯びてきた。今回は国家戦略特区での実験だったが、2015年12月10日施行の改正航空法により、高さ150メートル以上の空域や、東京23区のような人口密度が1平方キロメートルあたり4000人以上の「人口集中地区」上空はドローン飛行は原則禁止となっているため、実際の導入には安全性、法務面の両面での対応が必要となる。また海外では配送品の盗難も問題視されており、そこに対する保険についても検討される必要もあるだろう。

緊急で必要になる医薬品などでドローン配送が解禁になれば、遠隔診療と合わせ、救われる命もあるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?

シェアする

フォローする

関連記事