世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」をSOMPOホールディングスグループへ提供 – オプティム

sompo

株式会社オプティムは、SOMPOホールディングスグループのリフォーム専業業者である株式会社フレッシュハウスへ、世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を提供することを公表した。「Remote Action」を導入することで、専門知識を必要とせず経験に左右されない均質的な調査や、保険金の査定から支払いまでの期間短縮が行えるようになる。

これまでフレッシュハウスでは、一部保険の専門知識が求められるシーンなどがあるため、対応可能な人員の拡充とサービス品質の均質化を両立することが課題となっていた。

保険の専門知識をもつオペレーターが遠隔で作業支援を行うことで、保険を活用した修繕工事見積りが未経験でも保険を適用した見積り作業が行えるなど、経験に左右されない均質的な火災保険事故の現地業務が可能となる。

sompo2

出典:
プレスリリース

専門知識を持った部隊が遠隔で指示を出すことにより、正確さ、迅速さ、専門性各面で威力を発揮する。これらを実現するために、IoTの技術を活用した。保険は人件費の割合が比較的高い業界だ。これらの技術革新により、保険料値下げの動きが出ることを期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?
スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする