「 IoTニュース 」プレスリリース一覧

IoTのニュースをプレスリリースやニュースリリースをもとにご紹介します。IoTはインターネットだけでは解決できなかった領域を解決したりより豊かな未来を創る力を秘めた技術です。PressPlatinumではIoTの最新動向について紹介していきます。
IoTとは IoTと医療 IoTと介護 IoTと日常生活 IoTと関連企業
【スプラウトに潜入】ノリーナ・ficta online・coodinator・スマートマタニティーマーク・TOMODACHI GUIDE / BtoCベンチャーを支援する 渋谷発プレゼンイベント

【スプラウトに潜入】ノリーナ・ficta online・coodinator・スマートマタニティーマーク・TOMODACHI GUIDE / BtoCベンチャーを支援する 渋谷発プレゼンイベント

ファンを作ることを目的としたスプラウト。観衆は約100名程度。 その中で20秒×10枚のプレゼン。200秒ですべてを伝えるイベントだそうです。 BtoCコミュニティを作っていくとともに、投票により1位を決めるというイベントになっていました。トーマツベンチャーサポート、IBM BLUE...

プレスリリースを読む

IoT用の電話番号新設。IoT機器に0201~0203、0205~0209で始まる8000万の番号が使えるように。

IoT用の電話番号新設。IoT機器に0201~0203、0205~0209で始まる8000万の番号が使えるように。

2017/1/1より、省令が改正され、0201~0203、0205~0209で始まる8000万の電話番号がIoT機器に使用できるようになりました。これに伴い、ドコモ、ソフトバンク、auもリリースを出しています。 具体的には、電気通信番号規則が改正され、第一種指定電気通信設備との間で呼の接続...

プレスリリースを読む

2017年のリリース予定や2017年に起きる政治・経済・社会・技術変化まとめ

2017年のリリース予定や2017年に起きる政治・経済・社会・技術変化まとめ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 キャンペーンも2017/1/7まで開催中なので、ぜひ。 アマゾンギフト券をお年玉プレゼント!twitterフォロー&リツイートキャンペーン懸賞+誘導コンテスト開催 さて、プレスリリースを中心に情報収集...

プレスリリースを読む

スマートロックを活用した不動産の全自動取引を開始 – SmartEstate/SHIFT株式会社

スマートロックを活用した不動産の全自動取引を開始 – SmartEstate/SHIFT株式会社

SHIFT株式会社はSmartEstateで、12月中旬から不動産の全自動取引を開始するを公表した。 不動産オーナーに対しスマートロックを無料提供し、クレジットカード決済を行うことにより、人が一切関与することなく全自動で不動産取引ができるようになる。 はじめは回転率の高いシェアハ...

プレスリリースを読む

動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発 – 日立製作所

動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発 – 日立製作所

株式会社日立製作所は、動画撮影後に容易にピント調整ができるレンズレスカメラ技術を開発した。レンズの代わりに同心円パターンを印刷したフィルムを用いることで、レンズが不要となる。この技術によりカメラの薄型軽量化を実現し、モバイル機器やロボットなどのデザインを損ねることなく、より自由な位置にカメラ...

プレスリリースを読む

世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」をSOMPOホールディングスグループへ提供 – オプティム

世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」をSOMPOホールディングスグループへ提供 – オプティム

株式会社オプティムは、SOMPOホールディングスグループのリフォーム専業業者である株式会社フレッシュハウスへ、世界初の遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を提供することを公表した。「Remote Action」を導入することで、専門知識を必要とせず経験に左右されない均...

プレスリリースを読む

IoTで落とし物を発見するMAMORIOが東急線渋谷駅で試験を開始 – MAMORIO株式会社/東京急行電鉄株式会社

IoTで落とし物を発見するMAMORIOが東急線渋谷駅で試験を開始 – MAMORIO株式会社/東京急行電鉄株式会社

東京急行電鉄株式会社は、お忘れ物の早期発見・通達・受け渡しを目的に、2016/11/15から約6カ月間、東急線渋谷駅でMAMORIO株式会社のBluetooth Low Energyを搭載した世界最小の35.5mmの落し物追跡タグ「MAMORIO」を活用したお忘れ物検索・通知サービスを試験導...

プレスリリースを読む

低価格・省電力・長距離伝送IoTネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」日本進出。京セラコミュニケーションシステム/フランスSIGFOX S.A.

低価格・省電力・長距離伝送IoTネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」日本進出。京セラコミュニケーションシステム/フランスSIGFOX S.A.

京セラコミュニケーションシステム株式会社は、2017年2月から、フランスのSIGFOX S.A.のIoTネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」を日本で開始することを発表した。SIGFOXはIoTネットワークであり、低価格・省電力・長距離伝送という特長がある。この特長により、さまざまな...

プレスリリースを読む

スマホに情報連動するラジオスピーカー「H!nt(ヒント)」が3,045万円の支援を獲得

スマホに情報連動するラジオスピーカー「H!nt(ヒント)」が3,045万円の支援を獲得

ニッポン放送、Cerevo、グッドスマイルカンパニー3社は、スマホとの情報連動を行う新しいラジオ「H!nt(ヒント)」を企画開発し、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で1,250人、3,045万円の出資を獲得した。 H!nt(ヒント)はラジオで放送されたアーティスト等の情報を自...

プレスリリースを読む

IoT機器の国内最大級展示、試用スペース「IoT Future Lab.(イフラボ)を開設 – インフォテリア

IoT機器の国内最大級展示、試用スペース「IoT Future Lab.(イフラボ)を開設 – インフォテリア

インフォテリア株式会社は、11月1日よりIoT機器の展示、試用スペース「IoT Future Lab.(イフラボ)を開設することを発表した。IoT Future Lab.では500平方メートル以上の展示スペースに表情識別センサー連携「アロマディフューザー」や無線折りたたみ式プローブ温度ロガーCT-6...

プレスリリースを読む

AIとIoTを活用した生産性を高める空気・空間の実証を開始 – ダイキン工業とNECが共同

AIとIoTを活用した生産性を高める空気・空間の実証を開始 – ダイキン工業とNECが共同

ダイキン工業とNECは、NECのAI(人工知能)・IoT(Internet of Things)技術で、知的生産性の高い空気・空間を実現する共同研究に取り組むことに合意した。 具体的には 快適性と省エネ性を高めるため、以下の3点を研究していく。 ・NECのAI技術で室内の温湿度を学習...

プレスリリースを読む

IoTで駐車場の空き情報を事業者を限定せずリアルタイムでわかるアプリ SmartParkリリース – SPOT

IoTで駐車場の空き情報を事業者を限定せずリアルタイムでわかるアプリ SmartParkリリース – SPOT

株式会社SPOTは2016/10/18、LED光センサー読み取り型「満空検知デバイス」を活用し、LED看板付きのコインパーキングをリアルタイムで認識し、空き状況をドライバーに配信する駐車場検索アプリ「SmartPark」をリリースした。 全国4万8千件の駐車場を探すことができ、首都圏につい...

プレスリリースを読む

今トイレが空いてるかわかる!IoTトイレを伊藤忠テクノソリューションズが開発

今トイレが空いてるかわかる!IoTトイレを伊藤忠テクノソリューションズが開発

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発した。三井不動産のオフィスビルやその他東京都内のオフィスビル等の業務施設に向けて販売していく。 個室トイレの利用が集中することを、トイレの空き...

プレスリリースを読む

シャープ、AIとIoTとクラウドを駆使したエアコンを発表 – プラズマクラスターエアコン<Xシリーズ>

シャープ、AIとIoTとクラウドを駆使したエアコンを発表 – プラズマクラスターエアコン<Xシリーズ>

シャープは2016年9月27日、AIとIoTとクラウドを駆使したエアコンを発表した。 エアコン専用アプリと別売の家電ワイヤレスアダプターを接続することで、クラウドサービス「COCORO AIR」に対応 クラウド接続 AI(人工知能)で使い方や居住地域を理解・学習し、設定...

プレスリリースを読む

IoTとは

IoTはモノのインターネット(Internet of Things)のことです。IoTは世の中のあらゆるモノをオンラインになることにより、生活やビジネスを変える可能性を持った技術です。IoTはバズワードのように思われがちですが、IDC Japanによると日本国内のIoTの市場規模は2020年に13兆7595億円になるとの見通しもあるほど重要なものとなっています。(PressPlatinumではIoTのプレスリリースも多く取り上げて行く予定です。)では、IoTが具体的にどのような業界を変えていこうとしているのでしょうか。IoTは、医療、介護、教育、金融、クルマ、不動産、建築、健康、スポーツ、製造業、農業、漁業、ファッション、ホテル、保険、レストラン、銀行、物流といった、本当に多くの業界で変化をもたらそうとしています。各業界について具体的に説明していきます。

IoT 医療の具体事例

IoTは医療に適用することにより、健康や医療費抑制といった未来をもたらします。例えば、センサーを身体に着けることにより、体温・血圧・心拍数・尿酸値等の生体情報をインターネット接続し電子カルテとして情報をリアルタイム共有します。これは健康状態を病院内や家族間でシェアできるメリットがあります。それらのデータを踏まえた治療・投薬・健康増進効果を狙ったウェアラブル端末や体内埋め込み型の機器の開発が進んでいます。結果として、健康寿命を伸ばしたり、重症化を抑止したりすることで医療費のおさえること可能性を秘めていると言えます。具体事例としては日立のグループ会社のクラリオン株式会社では服薬支援ロボを開発してます。

IoT 介護の具体事例

IoTは介護の世界でも活発に研究開発が進んでいます。トイレ・冷蔵庫・ベッド・ドア・窓等に取り付けたセンサーで異変を感知し家族やヘルパーに連絡するサービスを株式会社アートデータの地域安否確認サービス、イッツ・コミュニケーションズのイッツコム インテリジェントホーム、エヌジェイアイの安心ひつじ等が始めています。

IoTで日常生活変わる具体事例

照明、カメラ、テレビ、エアコン、冷蔵庫、ラジオ、ルンバ、メガネ、指輪、ルアー、ロードバイク、ドローン、腕時計、靴、タクシー、駐車場、ヘルメット、鉄道、水やり、ぬいぐるみ等のおもちゃなどにIoTを掛け合わせて生活を変化させる試みが行われています。

IoT関連事業を進めている企業

ウフル、オムロン、コマツ、ソフトバンク、ソニー、東芝、トヨタ、野村総研、日立、富士通、マイクロソフト、三菱電機、ヤフー、安川電機、ヤンマー、ヤマダ電機、ネスレ、村田製作所、グーグル、パナソニック、ドコモ等非常に多くの上場企業・メーカー・IT企業がIoT関連企業として注目されています。