「 シェアリングエコノミーニュース 」プレスリリース一覧

シェアリングエコノミーニュース・プレスリリースのまとめです。
シェアリングエコノミーとは使っていない資産を活用し、他の人がその資産を活用することを言います。使っていない資産としては住宅の中や軒先き、自動車などの高価な物が注目される一方、空いている時間にスキルを提供するサービスなどもあげられます。
PressPlatinumではシェアリングエコノミーのプレスリリースやニュースだけでなく、実際にシェアリングエコノミーを体験した話についても紹介していきます。 掲載希望の企業様や寄稿いただける方は以下の問い合わせからご連絡ください。
プレスリリース掲載お問い合わせ
生産者と小売店を結ぶ、野菜のシェア物流「やさいバス」。アグリビジネスジャパンでお話をお聞きしました。

生産者と小売店を結ぶ、野菜のシェア物流「やさいバス」。アグリビジネスジャパンでお話をお聞きしました。

2017年9月13日から15日にかけて開催されたアグリビジネスジャパン2017に潜入してきました。その中で、新規ビジネスとして気になったシェアリングエコノミーのサービスとして、野菜農家と小売店や飲食店を結ぶ「やさいバス」をご紹介します。 やさいバスとは 株式会社エムスクエア・ラボが出資を行っ...

プレスリリースを読む

東京 乗り捨てレンタサイクル。ドコモ・バイクシェアが運営する江東区コミュニティサイクルに乗ってみた

東京 乗り捨てレンタサイクル。ドコモ・バイクシェアが運営する江東区コミュニティサイクルに乗ってみた

乗り捨てができるレンタサイクルとして、シェアサイクルが便利です。最近メルカリのシェアサイクル「メルチャリ」やDMMのシェアサイクル「DMM sharebike」が参入予定とお伝えしましたが、その際に触れていたドコモのシェアサイクルを実際に体験してきましたので、ご紹介します。 ドコモのシェア...

プレスリリースを読む

DMMもシェアサイクルに参入へ。その名は「DMM sharebike」。次の参入表明企業を徹底予想

DMMもシェアサイクルに参入へ。その名は「DMM sharebike」。次の参入表明企業を徹底予想

昨日メルカリがメルチャリというシェアサイクル事業を検討開始したことをお伝えしました。株式会社DMM.comは2017年9月8日に2017年末から2018年初頭にかけてのサービス開始を目指し、シェアサイクル事業「DMM sharebike(仮)」の検討を開始したことを公表しました。 出典:プ...

プレスリリースを読む

メルカリがシェアサイクルに参入で戦国時代へ。シェアサイクル事業者まとめ

メルカリがシェアサイクルに参入で戦国時代へ。シェアサイクル事業者まとめ

メルカリはリアルの場でのシェアリングエコノミー、オンデマンドシェアサイクル事業「メルチャリ」の検討を公表しました。2018年初頭のサービスインを目指し、地方自治体や企業との交渉を開始しており、シェアサイクル事業を検討したい企業との連携を行うことにより、ハード面、ソフト面の両面での新規サービス...

プレスリリースを読む

【潜入】sprout#18 nana music /ecbo/SAGOJO /ブライトテーブル/コーデセブン/自転車創業

【潜入】sprout#18 nana music /ecbo/SAGOJO /ブライトテーブル/コーデセブン/自転車創業

BtoCのサービス運営を行っているスタートのプレゼンを行うイベント、スプラウト第18回に潜入してきました。リアルタイムで更新をさせていただきました。もし、登壇者の方でイベントで言い足りないことがあったようでしたら、PressPlatinumお問い合わせフォームからご連絡ください。 なお、前...

プレスリリースを読む

【スプラウトに潜入】ノリーナ・ficta online・coodinator・スマートマタニティーマーク・TOMODACHI GUIDE / BtoCベンチャーを支援する 渋谷発プレゼンイベント

【スプラウトに潜入】ノリーナ・ficta online・coodinator・スマートマタニティーマーク・TOMODACHI GUIDE / BtoCベンチャーを支援する 渋谷発プレゼンイベント

ファンを作ることを目的としたスプラウト。観衆は約100名程度。 その中で20秒×10枚のプレゼン。200秒ですべてを伝えるイベントだそうです。 BtoCコミュニティを作っていくとともに、投票により1位を決めるというイベントになっていました。トーマツベンチャーサポート、IBM BLUE...

プレスリリースを読む

Airbnbが機械学習で進化する旅行オプションプラットフォーム「Trips(トリップ)」を開始

Airbnbが機械学習で進化する旅行オプションプラットフォーム「Trips(トリップ)」を開始

Airbnbは2016/11/17、新サービス「Trips(トリップ)」をリリースした。旅行を簡単かつ魅力的にするために設計された人力のプラットフォームとして、体験、場所、住宅の領域で新しい旅行体験を提供する。 Trips(トリップ)は旅行者が必要とする情報を1つのタイムラインにまとめ...

プレスリリースを読む

おつかいを気軽に頼めるマッチングアプリ「オツコ」リリース。ディズニーやAKB48ライブグッズを買ってきてもらおう

おつかいを気軽に頼めるマッチングアプリ「オツコ」リリース。ディズニーやAKB48ライブグッズを買ってきてもらおう

Valuerack Co.Ltd.は2016/10/21、ディズニーやAKB48ライブ、コミケや同人イベントなど欲しいけど、買いにいけない限定品の購入を頼んだり、ご当地グッズや地域限定グッズを頼んだり、請け負ったりできるマッチングアプリ「オツコ」をリリースした。 手数料ビジネスであ...

プレスリリースを読む

UberEATS(ウーバー イーツ)が35分でレストランをお届け

UberEATS(ウーバー イーツ)が35分でレストランをお届け

タクシー配車でおなじみのUber Japanが9月28日がレストランフードの宅配を開始した。 豊富なラインアップ 100を超える素敵なレストランのお料理を、UberEATSがお届けします。 サービス開始時には100のレストランが参画 早い配達時間 UberEATSで...

プレスリリースを読む

シェアリングエコノミーについて

シェアリングエコノミーについて、インターネットでよく調べられているのは、「シェアリングエコノミー 協会」「シェアリングエコノミー 市場規模」「シェア リングエコノミー サービス」「シェアリングエコノミー 検討会議」「シェアリングエコノミー amazon」「シェアリングエコノミー とは」「シェアリングエコノミー 本」「シェアリングエコノミー 例」「シェアリングエコノミー 日本」といったキーワードです。 「シェアリングエコノミー 例」については、「シェアリングエコノミーの具体事例」でご紹介します。さらに、プレスプラチナでは順次プレスリリースや実体験に基づく記事をを更新していますので、一つ一つのニュース記事をご確認いただけば、最新のシェアリングエコノミーの情報を得られます。また、シェアリングエコノミーのサービス運営企業様からの寄稿もお待ちしておりますので、お問い合わせフォームからご連絡ください。 「シェアリングエコノミー 市場規模」については、「シェアリングエコノミーの市場規模」でシェアリングエコノミーの海外市場規模と国内市場規模についてご紹介します。またスペース、モノ、移動、スキル、お金という項目別シェアリングエコノミーの市場規模を紹介します。 他にも、シェアリングエコノミーの課題と普及に向けた対策をご紹介していますが、よく調べられている「シェアリングエコノミー 協会」「シェアリングエコノミー 検討会議」「シェアリングエコノミー amazon」に該当するコンテンツも提供してまいります。

シェアリングエコノミーの具体事例

例えば、住宅のシェアリングエコノミーとして空きスペースを貸し出す民泊は海外からAirBnBというサービスが注目を浴びています。個人住宅の空いている部屋を貸し出すことから始まっています。日本でも民泊に関連する法案の改正により今後民泊市場は加速するものと考えられます。
自動車のシェアリングとしてはUberが注目されています。Uberは空いている運転手がタクシー運転手の代わりとなって、移動を支援する仕組みとして海外では盛んに利用されていますが、日本では個人がタクシー運転手のように人を運ぶことはできず、タクシーを呼べるサービスとして展開しています。一方、日本の法律に則った形で、ノリーナなどのサービスが乗り合いマッチングプラットフォームとして運営しています。Uberの派生サービスとして、UberEatsというレストランの食事を配達するシェアリングエコノミーサービスも展開しています。
日本国内ではメルカリのメルチャリDMM sharebikeというようにシェアサイクル事業に手をあげるインターネット事業者が増えています。
その他、スキルのシェアリングエコノミーとして、ランサーズ、クラウドワークス、ココナラがフリーランスなどの空き時間やサラリーマンの空き時間のスキルのシェアのプラットフォームとなっています。主婦のスキルのシェアとしてはカジタク、CaSy(カジー)が家事のシェアリングエコノミーとして家事代行のプラットフォームを提供しています。まだまだ事例はありますが、PressPlatinumのシェアリングエコノミーニュースをチェックしてください。

シェアリングエコノミーの市場規模

世界のシェアリングエコノミーの市場規模は平成28年版 情報通信白書によると、2013年に約150億ドルであったが、2025年までに約3,350億ドルまで増加すると予測されており、日本国内のシェアリングエコノミー市場規模は矢野経済研究所の推計によると、シェアリング・エコノミーの国内市場規模は2014年度に約233億円であったが、2018年度までに462億円となっています。 (株)情報通信総合研究所の調べによると、スペースのシェア(ホームシェア、農地、駐車場、会議室のシェア(Airbnb、STAY JAPAN、スペースマーケットなど))の貸し手の市場規模は6783億円、借り手の市場規模は1170億円となっており、もっとも大きい金額が動いている。次にモノのシェア(フリマ、レンタルサービス(airCloset、ラクサス、ジモティーなど))では提供側は2197億円、利用者側は760億円の市場規模となっている。移動のシェア(カーシェア、ライドシェア(Uber、notteco、Anycaなど))としては、提供側1181億円、利用側1490億円の市場規模となっている。スキルのシェア(クラウドソーシング、家事代行、介護、育児のシェア(クラウドワークス、アズママ、タスカジなど))では、提供側751億円、利用者側661億円の市場規模である。最後に、お金のシェア(クラウドファンディング(Makuake、READYFOR、Crowd Realtyなど))もっとも小さく提供側が900億円、利用者側320億円の市場規模となっている。 参考: 情報通信総合研究所

シェアリングエコノミーの課題と普及に向けた対策

シェアリングエコノミーの安心安全対策

シェアリングエコノミーのサービス提供者は基本的には個人としている場合やスモールBと呼ばれる個人事業主やフリーランサーの方の場合が多いです。その場合、安心安全面での課題が露呈されます。海外ではトラブル発生により、民泊を提供した部屋が荒らされてしまった事件や、Uberで運転手に暴行を受ける事件も発生しています。
対策として、個人のアカウント認証においては事前に免許証やクレジットカードの認証をプラットフォーム側が行う場合もありますが、それだけでは空き資産を提供する側の品質を担保したことにはなりません。結果として、メルカリやランサーズなどはサービスを提供した側と受けた側の双方の評価を行うことにより、その後のサービス選択時の基準にしようという動きや、メルカリによって得た評価をメルチャリというシェアサイクルの評価にも活用するという仕組みを導入する見込みです。また、評価を受けることを前提としたサービス設計とすることで、未然に事件を防ぐという抑止効果も発揮するものと考えられます。
サービスの支払い保証と言う観点では、エスクローサービスという第三者預託と言う仕組みを導入することで、支払いがされないのではないかと言うサービス提供者側の不安を解消する決済の仕組みも導入されています。メルカリでは注文をした際に一度メルカリ側がお金を預かり、商品が届いたことを確認してからメルカリからサービス提供者へ支払い(ポイントの付与)がなされます。それにより、サービスを受けたのに支払わないと言うトラブルを防止しています。

シェアリングエコノミーの法整備

法整備と言う観点でもまだ時代の動きに国が追いついていないと言う課題もあります。一般人がタクシーのようにお金をもらって営業行為として人を載せて運送することを日本では禁止しています。一方で類似のサービスとして、乗り合いサービスは容認されています。実費を分担し、それにより儲けると言うわけではない、かつプラットフォーマーとしてのってこやノリーナは運営することにより、合法サービスとしてライドシェアリングを達成しています。 民泊という意味では年間180日以内と言う日数の条件付きで解禁される法改正がなされました。年間180日以内となったことにより事業として民泊を個人が行うと言うのは現実的ではありませんが、あくまでシェアリングエコノミーとして自分の空き資産を活用すると言う観点で見たときには、問題がないとも考えられます。