ロボットアドバイザーに新たな選択肢【フィンテック活用】 – カライス/東海東京証券

%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9

東海東京証券株式会社は、投資初心者向けのロボアドバイザー「カライス」の提供を開始した。「カライス」は、7つの質問の回答から導き出されるリスク許容度をもとに、利用者ごとに最適なポートフォリオと適切なバランス型ファンド(リバランス付)を診断結果としてわかりやすく提示するサービスであり、投資経験や専門知識がない投資初心者でも、リスク許容度に応じた国際分散投資を手軽に始めることが可能となる。

自動運用で、購入手数料無料、信託報酬は0.5%(年率・税別)となっている。

カライス質問イメージ

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e8%b3%aa%e5%95%8f

カライス結果イメージ(サマリ)

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%82%aa

カライス結果イメージ(分散資産と投資地域)

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e9%85%8d%e5%88%86
出典:
カライスプレスリリース
カライス公式サイト

FinTech(フィンテック)を通じて投資の一歩を踏み出すには、簡単さが重要である。その中で、質問を踏まえた自動投資を行う仕組みにより、抵抗感なく踏み出せるようになれば、株式市場や債券市場に貯蓄が流れていくようになるだろう。家庭の貯蓄や企業の内部留保が積みあがっている中で、家庭の貯蓄から投資に回ることを期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

フィンテック関連用語集

フィンテック関連用語集

初めて聞くことも多いフィンテック用語について、用語解説を始めました。ぜひあわせてご確認ください。 ビットコインを徹底解説
新着情報をメールで受信しませんか?
スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする