カカクコム・クックパッド元社長の穐田誉輝さんがみんなのウェディングのMBO実施 – 関連情報まとめ

%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%89%ef%bd%a4%e6%ad%a2%e3%81%be%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bd%a2%e5%b9%b9%e9%83%a8%e6%b5%81%e5%87%ba%ef%bd%a3%e3%81%ae%e5%8d%b1%e6%a9%9f-i

カカクコム2代目社長として上場に導いたのち、2012年にクックパッドの社長となり、2016年3月に退任に追い込まれた穐田誉輝さん(写真左・出典:東洋経済)。2012年から2016年の退任までの間に数々の企業を買収し、多角化とグローバル化を推し進め、時価総額を約10倍にまで伸ばしてきた手腕の持ち主です。多角化の一環として2015年7月にみんなのウェディングを子会社化していましたが、クックパッドは創業者の佐野陽光さん(写真右)が社長になり、料理以外の分野への投資を縮小していました。その中で、穐田誉輝さんはクックパッドの執行役を退任し、みんなのウェディングをTOBすることが発表されました。これにより、みんなのウェディングはクックパッドの子会社から持分法適用関連会社になることになりました。

一連の流れをまとめていきます。

みんなのウェディングの業績

まず、みんなのウェディングの業績を見ていきます。

(出典:株式会社みんなのウェディング 2016 年9月期 決算説明資料

直近の売上高の推移はプロデュース事業のBridealを2015年12月15日にエスクリへと譲渡されたことと、ビジネスモデルの転換により結婚式場の掲載・広告の売上減少となっています。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%a3%b2%e4%b8%8a

平成27年11月に成果課金型の価格体系改定を行うことで契約単価の引き上げを行った一方、一部の解約が発生したことによるものです。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%aa%b2%e9%87%91%e6%8e%b2%e8%bc%89%e4%bc%9a%e5%a0%b4

一方、利用者数は増加を続けており、過去最高の利用者数となっています。そして、ゼクシィに次ぐ利用媒体となっているということも発表しています。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0ub%e6%95%b0

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%88%a9%e7%94%a8

さらには、結婚式関連のビジネスに着手しており、婚活カレンダーや二次会口コミサイトの新設をおこなうことによりビジネスの深堀を行っています。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%b1%95%e9%96%8b

穐田誉輝さんはどう動くのか

クックパッドよりだされたリリースによると、2016/12/22付で、穐田誉輝さんは一身上の都合により取締役兼執行役を辞任し、取締役になるということが発表されました。
(出典:執行役の 辞任 に関するお知らせ

また、みんなのウェディングに対してMBOを実施して、その後経営にあたることも発表しています。これまで穐田誉輝さんが経営を行うことにより、売り上げや株主価値を上昇させてきた過去を考えると、みんなのウェディングにおいても、今後の多角化などの道筋を考えられているものと考えるのも当然のことかもしれません。

公開買付けは、対象者株式の上場維持を前提としているものの、対象者の取締役会長である穐田誉輝氏が、公開買付者となるいわゆるマネジメント・バイアウト(MBO)に該当し、公開買付者は、本公開買付け後も継続して対象者の経営に当たることを予定

出典:穐田誉輝氏による株式会社 みんなのウェディング 株券に対する 公開買付けの開始に関するお知らせ

クックパッドへの影響は?

連結決算において、128億円の損失を金融費用として計上することになります。ただし、個別決算(日本基準)においては影響はないとのことです。

今回の株主間契約の解約により、当社の株式会社みんなのウェディングに対する議決権所有割合が間接所有分を含めると38.71%から26.00%となり、支配を喪失したと判断されるため、当社の連結子会社から持分法適用関連会社となります。これに伴い、2016年12月期決算の連結決算(IFRS)において、持分法適用に伴う再測定による損失を金融費用として1,277百万円計上する見込み

2016年12月期決算の個別決算(日本基準)において、本件による影響はありません。

出典:子会社の異動及び持分法適用に伴う再測定による損失の計上に関するお知らせ

クックパッドはみんなのウェディングを買収することにより、その他インターネット・メディア事業の構成比が14.1%になっていました。売却により、このセグメント収益が一定程度失われることになり、多角化によるリスクヘッジが薄れてしまうことになります。

%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%89%e5%a3%b2%e4%b8%8a

出典:201 6 年 12 月 期 第 3 四半期 決算補足 クックパッド株式会社

クックパッドはレシピに回帰すると発表した一方重要人物の退職が続いていると聞きます。重要な人物の退職はアプリの品質低下を招いているのかもしれません。

googleplayで評価されている順で上位に来るレビューを紹介させていただきます。直近のアップデートでは、カレンダー、クリップ、買い物といった料理を作る上で活用できていた機能を削ってしまった事に対しての悪い評価が多くついているようです。「運営さんは普段料理をしない人なんでしょうね。」というコメントには中の人はどのように感じているのでしょうか?

カレンダーやクリップ機能そして買い物リストと何故便利だった機能を無くしていくのか…利用するユーザーの気持ちを全く理解出来てない‼料理をする方ならどれだけ便利な機能だったか理解できるはずです。元に戻してほしいです‼これでは有料会員の意味もない…

クリップ機能復活して欲しいです。アップデートしてから、とにかく使いにくい。検索履歴からの調理別って(笑)昨日と同じ食材使うわけじゃないんだから…。運営さんは普段料理をしない人なんでしょうね。

アンインストールを実行するレベル 改悪、改悪、改悪。改悪につぐ改悪。ここまでユーザー置き去りも珍しい。家計簿アプリも改悪続きだが、戻すつもりないと返答くれましたし、こちらもそうでしょうか。ありがとうございます。おかげでメモリを空けられます。

出典:googleplay
料理をする人の気持ちに立ってレシピに特化した使い勝手を再度導き出すことができる日がくるのでしょうか。現状までは右肩上がりで成長を続けてきたクックパッドですが、最強の武器であった穐田さんが執行役を辞任してしまった今、強い戦略の提示が望まれます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?

シェアする

フォローする

関連記事