スマホの行動データを活用し、25m内の性別・年代別・曜日別・時間帯別で可視化 – マチログ/電通・ドコモ・インサイトマーケティング・マイクロベース

%e3%83%9e%e3%83%81%e3%83%ad%e3%82%b0

株式会社電通は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング、株式会社マイクロベースと協業し、生活者の行動データに基づく分析ソリューション「マチログ」を12月上旬に開始する。初回は渋谷、表参道で街中の人の流れを動的・精細に可視化する。

「マチログ」は約7,000万台のドコモ携帯電話の基地局情報を活用した「モバイル空間統計®」データのうち、特定の1カ月間のデータを活用し、25mメッシュで性別・年代別・曜日別・時間帯別の軸で分析が行える。

今後は東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、仙台、広島の繁華街エリアへとサービスを拡大していく予定だ。

※画像は現在のマイクロベース社の通行量の可視化例であり、このサービスのイメージではありません。

出典:
プレスリリース
マイクロベース社公式サイト

電通は多数のクライアントを抱える広告業界のドンともいえる存在だ。これまで、町の中の広告は効果検証を行うことが難しかったり、カウンターで人力で計測を行って状況を把握してきた。このシステムにより、効果が明確になり、ターゲットとなる人がよく通る地域に対し、広告を出稿することが可能となる。つまりデータに基づく意思決定が可能になるツールであり、他の広告会社からすると驚異的な存在になるものと考えられる。従業員の自殺問題に揺れる電通であるが、新サービスの浸透によって揺るがない地位をさらに確固たるものにしていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

新着情報をメールで受信しませんか?

シェアする

フォローする

関連記事