freeeの連携金融機関・クレジットカード数が日本一に – クラウド会計ソフト freee

freeeno1

freeeの連携金融機関・クレジットカード数が3,630件を突破し、クラウド型会計ソフトにおける同期連携サービス数で日本一になったことを発表した。

freeeは「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンにしており、「クラウド会計ソフト freee」はバックオフィス業務にかける時間を削減し、本業にフォーカスできる環境を作るべく開発を進めている。人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携を進めており、連携数No.1となった。

freee決済サービスや電子マネー一例

多数の金融サービスとの連携を行っているが、その一例として、決済サービスや電子マネーを紹介する。

ASKUL
ASKULファンストア
Amazon
Amazon(セラーセントラル)
e-コレクト
Airレジ
Coiney
GMOイプシロン
Square
スマートICOCA
Dr.Walletビジネス
nanaco
Pitapa
BASE
PayPal
POS+
misoca
MakeShop
モバイルSuica
Yahoo!ショッピング
ユビレジ
USENRegister
楽天Edy
楽天スマートペイ
楽天市場
ReceReco
LOHACO(ASKUL)

出典:プレスリリース

 「クラウド会計ソフト freee」「クラウド給与計算ソフト freee」「マイナンバー管理 freee」「会社設立 freee」「開業 freee」といったフィンテック関連のサービスや、「経営ハッカー」「起業ハッカー」といった経営に関連するサービスを展開しているfreeeだが、今回フィンテックのサービスとして根幹となる金融機関との連携数が日本一となった。連携数が利便性に直結するサービスだけに他社の参入障壁になるものと考えられる。

freee

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

フィンテック関連用語集

フィンテック関連用語集

初めて聞くことも多いフィンテック用語について、用語解説を始めました。ぜひあわせてご確認ください。 ビットコインを徹底解説
新着情報をメールで受信しませんか?

シェアする

フォローする

関連記事