【トップ10】2016年CD年間ランキングを、AKB48や乃木坂46などの48、46関連、嵐やSMAPなどのジャニーズ関連、EXILE関連を除いて作成してみました

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

2016年度の年間CDシングルランキングを見渡すと、トップ10はAKB48、乃木坂46、嵐に占められてしまっています。CDのオリコンランキングは販売数が影響するため、何かおまけをつけたり、ジャケットの種類を複数つけたりすることで、とロイヤルティの高いファン層が複数枚購入し、ランキングとして評価される傾向があります。つまりファン層の厚さが表現される仕組みになっています。これはこれで重要ですが、もっと評価されるべきアーティストがいるはず!ということで、AKB48や乃木坂46などの48、46関連、嵐やSMAPなどのジャニーズ関連とEXILE関連を除いて2016年度オリコンランキングをアレンジしたランキングを作成しました。
スポンサーリンク


10位:砂の塔/THE YELLOW MONKEY

15年ぶりに再結集したイエモン。2016年の年間総合ランキングにしてしまうと50位になってしまうが、AKB48や乃木坂46などの48、46関連、嵐やSMAPなどのジャニーズ関連とEXILE関連を取り除くと10位にランクインしました。イエモンは吉井和哉さん、菊地英昭さん、廣瀬洋一さん、菊地英二さんで1989年に結成したグループで2001年に活動を休止、2004年に解散。長い時を経て、再結集した。

プライマル。から実に15年もの月日が流れてしまった。2004年7月7日のあの発表である者は大泣きし、ある者は解散ライブも無しのさよならに怒り狂いそしてまたある者は、いつか必ず訪れるであろう彼らの帰りを首を長くして待っていました。

こうして、長い長い”活動休止”を終えて彼らは再集結を果たしました。イントロにエマのギター始まりとなっているだけで涙が出てきた人も大勢居るはず。そして、あの独特のセクシーな艶あるロビンの歌声はソロの歌い方でなく、『THE YELLOW MONEKYの吉井和哉』が帰ってきたことを誰もが納得するはず。
出典:砂の塔【初回限定盤】amazonレビュー

9位:ヨシ子さん/桑田佳祐

不思議なパフォーマンスで驚かせてくれる桑田佳祐さんのヨシ子さん。桑田佳祐は3年ぶりのCD販売となった。公式サイトではヨシ子さん川柳を募集していたが、最優秀賞は以下の川柳となっている。

%e3%83%a8%e3%82%b7%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e5%b7%9d%e6%9f%b3
出典:公式サイト

8位:RUN-Japanese Ver.-/防弾少年団

10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めた韓国グループが8位にランクイン。公式youtubeは500万回再生を超えています。2014年にNO MORE DREAM-Japanese Ver.で日本デビューしていた。

7位:MOMENT RING/μ’s

ラブライブ! μ’s、5年半の活動最後のライブに向けたCDが7位にランクインしました。動画があると良かったのですが、公式のアップしている動画には見当たらなかったので、こちらで視聴してください。


歌詞が今まで積み上げてきたもの全てを思い出させます…それを考えると涙が出てきました…
最後はバラードかと思いましたが、ロックという期待外れ、期待以上なことをしてくれましたO(≧∇≦)O
μ’sらしい明るい曲で仕上げてくれました(“⌒∇⌒”)

出典:ラブライブ! μ’sファイナルシングル「MOMENT RING」amazonレビュー

6位:みれん心/氷川きよし

唯一の演歌として氷川きよしがランクインした。演歌の未来を背負うのではなく、現在を背負っていると言っても過言ではないだろう。

5位:Coming Over/EXO

太陽系外惑星exoplanetを意味するEXO(エクソ)。韓国人と中国人で構成されている。韓国ではEXO-K、中国ではEXO-Mというグループがいる。所属しているS.M.ENTERTAINMENTはBoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代を輩出している。Coming Overは日本第二弾CDだが、2012年から活動している。

4位:冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only/モーニング娘。’15

AKB系を除外しているのに、モーニング娘。を除外しないのか…?とも思いましたが、2015の曲がランクインしていましたので入れてみました。つんく♂さんは声帯癌により声を失ってしまいましたが、生み出したアイドルは立派に活躍を続けています。秋元さん系アイドルに人気を取られ気味ではありますが、取り除いてみれば、まだ4位に君臨しています。

3位:恋/星野源

新垣結衣と星野源による不思議な結婚生活?を題材にしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌となった、恋。逃げるは恥だが役に立つの視聴率は以下のように右肩上がりで登り続けてきました。エンディングに流れるダンスもyoutubeで踊ってみたをアップする人も多く、結婚式や忘年会でも踊った方も多いのではないでしょうか?
%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%e8%a6%96%e8%81%b4%e7%8e%87
結果として、主題歌も第3位となりました。


「恋」を聴いてから、薄れかけていた妻へのトキメキが絶好調に止まりません。私が変にニコニコ笑いかけているのか、妻は怪訝な顔で、「え、大丈夫?」。
ど、、どうしてくれるんだ、星野源!笑
出典:恋 (初回限定盤)アマゾンレビュー

2位:YAMATO☆Dancing/BOYS AND MEN

東海出身・在住のメンバーで構成され、テレビ・ラジオのレギュラーは10本以上。ご当地アイドルとして、2位を獲得したのは素晴らしいですね!メンバーは水野勝さん、田中俊介さん、田村侑久さん、辻本達規さん、小林豊さん、本田剛文さん、勇翔さん、平松賢人さん、土田拓海さん、吉原雅斗さんと研究生がいる。

YAMATMO☆Dancing のMVだけではなくメイキングも入っていたので楽しめました
MVは面白い所もかっこいい所もあり何回観ても飽きないです


出典:YAMATO☆Dancing(初回限定盤)(DVD付)アマゾンレビュー

1位:ANOTHER STARTING LINE/Hi-STANDARD

イエモンとともに今年再結成したハイスタ。16年ぶりのハイスタCDシングルが第一位になりました。30代にはなじみのあるハイスタも、今の小中学生には誰だ?という印象があるのではないでしょうか?ボーカル/ベースの難波章浩さん、ギター/コーラスの横山健さん、ドラムの恒岡章さんをメンバーとして、1991年から活動を続けて2000年に活動を休止。事前告知なく活動を再開したため、Twitterを中心に注目ワードに上がりました。

これが今のHi-STANDARDだとハッキリ分かる作品です。過去のどのアルバムとも似つかないし、何とか風でもない、リアルなハイスタ。
それぞれがソロ活動で見せているパフォーマンスを見事にミックスしていると感じます。歌メロしかり、ギターの音やメロディ、コーラスワーク全て今のものです。20年以上(!)やってきたキャリアを飲み込んで自分たちを表現してくれています。

出典:ANOTHER STARTING LINE AMAZONレビュー

スポンサーリンク

除外したCDとアーティスト

結果として上位50位中40のCDを除外することになりました。特に48・46系のAKB48、乃木坂46、欅坂46、SKE48、NMB48、HKT48が本当にたくさんランクインしていました。この商法本当に強いです。秋元康さんの手によってつくられた作品が日本中に販売されているということの衝撃でした。

  • 翼はいらない/AKB48
  • 君はメロディー/AKB48
  • LOVE TRIP/しあわせを分けなさい/AKB48
  • ハイテンション/AKB48
  • サヨナラの意味/乃木坂46
  • 裸足でSummer/乃木坂46
  • I seek/Daylight/嵐
  • ハルジオンが咲く頃/乃木坂46
  • 復活LOVE/嵐
  • Power of the Paradise/嵐
  • 二人セゾン/欅坂46
  • 世界に一つだけの花/SMAP
  • 世界には愛しかない/欅坂46
  • サイレントマジョリティー/欅坂46
  • チキンLINE/SKE48
  • 僕はいない/NMB48
  • 最高かよ/HKT48
  • 金の愛、銀の愛/SKE48
  • 真剣SUNSHINE/Hey!Say!JUMP
  • 74億分の1の君へ/HKT48
  • 罪と夏/関ジャニ∞
  • 甘噛み姫/NMB48
  • Sha la la☆Summer Time/Kis-My-Ft2
  • Fantastic Time/Hey!Say!JUMP
  • Gravity/Kis-My-Ft2
  • NOROSHI/関ジャニ∞
  • UNLOCK/KAT-TUN
  • 薔薇と太陽/KinKi Kids
  • カラフル Eyes/Sexy Zone
  • 道は手ずから夢の花/KinKi Kids
  • 唇にBe My Baby/AKB48
  • パノラマ/関ジャニ∞
  • 恋を知らない君へ/NEWS
  • Welcome to TOKYO/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • ヒカリノシズク/Touch/NEWS
  • TRAGEDY/KAT-TUN
  • 人生は素晴らしい/ジャニーズWEST
  • よびすて/Sexy Zone
  • 逆転Winner/ジャニーズWEST
  • Beautiful World/V6

出典:オリコンランキング

2016年で解散することを発表しているSMAP。昨日のスマスマでコメントをすることなく、ツイッターではSMAPの生前葬を見ているかのようだという口コミも数多く見かけました。しかし、2016年のランキングをこのような形で見てみると、15年ぶり16年ぶりに復活したイエモンやハイスタといったバンドがランキングに現れるように、心の中でファンでい続ければ、2030年くらいにひょっこりとSMAP再結成のニュースが見られるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPressPlatinumプレスリリースをフォローしよう!

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員募集

無料プレスリリースニュース受信会員になっていただくと、プレスリリースニュースを新規公開した場合にご連絡させていただきます。ぜひご登録をお願いします。
【無料】メルマガ会員登録フォーム

スポンサーリンク
 

シェアする

フォローする